忍者ブログ
NINJA
[109] [101] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [97] [100]




※新ブログに移行しました。
 広告等の別ページに跳ばされる方はこちらへどうぞ。

ニューダンガンロンパV3 4章 『 気だるき異世界を生かせ生きるだけ 』 の考察


4章開幕から学級裁判後までの考察。


※ネタバレ注意!!


ニューダンガンロンパV3 1章 『 私と僕の学級裁判 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 2章 『 限りなく地獄に近い天国 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 3章 『 転校生オブザデッド 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 4章 『 気だるき異世界を生かせ生きるだけ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 5章 『 愛も青春もない旅立ち 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 6章 『 さよならダンガンロンパ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 終章 『 みんなのコロシアイ修了式 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 全章 『 ダンガンロンパ 』 の考察

+ + + + + + + + + +
第4章 気だるき異世界を生かせ生きるだけ


1.3章を終えて

4章のランク表

 残り九人。3章でCランクの是清とアンジー、転子が退場しました。元々のBランクとCランクが全滅したことにより、集団におけるAランクの百田と王馬の影響力がさらに強まります。さらに是清が退場したのも地味に効いており、残る頭脳派は王馬と最原の二人だけになってしまいました。


2.謎のカードキー

 コロシアイ翌日の朝食会にモノクマが現れ、ご褒美アイテムと一緒に今回の動機である“謎のカードキー”を提示します。みんなが新しい動機を警戒する中、王馬だけは違っていました。“謎のカードキー”をモノクマから奪い取ったのです。ここでの王馬の行動は、決して間違いではありません。モノクマはみんなが自発的に“謎のカードキー”を使わないのなら無理矢理にでも誰かに使わせるはずで、それならば自分で使ってしまった方が今後の展開を計算できるからです。ちなみに、もし王馬が“謎のカードキー”をモノクマから奪っていなかったとすれば、調査担当の最原がクロになっていたと考えられます。

 ちなみに、“謎のカードキー”は、使用者に外の世界の真実を見せることによって自殺、あるいはみんなと無理心中をさせるための動機です。もっとも、今の段階ではデスロードへの入口が封鎖されたままのため、“謎のカードキー”を使うことができません。


3.“超高校級の探偵”の研究教室

 “超高校級の探偵”の研究教室には、五十二冊の事件ファイルが揃っています。そして、その冊数から過去のダンガンロンパの殺害トリックをナンバリング毎にまとめたものだと推測できます。ここで重要なのが、“初期の頃はイラストだけなのに、新しめになると写真付きになること”です。これはそのまま“白銀が苗木たちにはコスプレできて、赤松たちにはコスプレできない理由”につながっています。


4.思い出しライト その3

 思い出しライトによって、“大量の隕石群と謎のカルト集団、ゴフェル計画”が思い出されます。2章の“超高校級狩り”。3章の“みんなの葬式の風景”。そして、今回の“大量の隕石群と謎のカルト集団、ゴフェル計画”。果たして、これらがどう繋がっているのか。Bランクに成長した最原も状況を推理できません。しかし、王馬だけは自分たちの置かれた状況を推理できていました。王馬は、このコロシアイが“見世物”であり、どこかに“これを見ている人”がいて、思い出しライトの記憶は“作り話”だと勘付いているのです。

 また、最後にゴン太がデスロードへの再挑戦について触れようとしたところを、王馬が「あははっ、あそこに挑戦するバカなんていないでしょ!」と遮ります。これはデスロードの先がカードキーを使う場所だと確信し、そこへ誰も近付けさせず、なおかつデスロードに再挑戦しそうな仲間がいないことを確認するためです。


5.日課のトレーニング その4

 三人揃ってのトレーニングですが、百田はトレーニングをせず、さらにトイレ休憩を挟みます。健康状態が悪化しすぎて、もはや平静を装うだけで精一杯なのでしょう。また、ここでは最原と春川のディスコミュニケーションが見られます。春川は最原と赤松に自分と百田を重ねて話をしているだけなのですが、最原は赤松への想いを軽んじられていると受け止めて苛立ちを隠せません。最原と春川は3章でコンビを組んだ間柄ではありますが、それでもお互いに相手の一番大切なものすら分かっていないということです。

 ちなみに、ここは作中でも屈指の重要イベントです。フィクションの存在である最原たちは、基本的に与えられた設定の中でしか行動をとれません。しかし、「どんな時に人を好きになれば変でないのか」を運営が定義できていない以上は、コロシアイ参加者が与えられた設定を越えて人を好きになる可能性があるということです。ましてや本作のコロシアイ参加者は、赤松の“超高校級のピアニスト”の才能によって心を揺さぶられています。設定にない好きな相手のための行動は、白銀にはシミュレートできません。さらに、相手を好きという想いによって、本人はフィクションを越えて成長できます。『ダンガンロンパ』というフィクションの鳥籠は、コロシアイ参加者たちの誰かを大切に想うフィクションを超える想いによってのみ破られるのです。


6.常軌を逸した状態

 朝食会で「コロシアイを勝ち抜く」と言い切る王馬を百田が殴ります。百田は王馬の発言が本気でないことをちゃんと分かっており(次の自由行動での発言を参照)、その上で常軌を逸した状態の王馬の目を覚まさせるつもりで殴ったのです。そして、これにより王馬は、“外の世界の真実”を知って受けた衝撃から目を覚まします。


7.王馬VSクロ

王馬VSクロ

 ところで、最原がやるような学級裁判で真実を暴くことだけがコロシアイを生き抜く方法ではありません。王馬は持ち前の情報収集力によってクロの目星をつけられます。さらに、実力差が開いている場合にはクロの先手を取ることすら可能になります。入間の犯行計画は決して悪いものではありませんでしたが、王馬がいる限りは最初から成功の見込みがありませんでした。


8.日課のトレーニング その5

 引き続き三人揃ってのトレーニングですが、百田はもはや体調の悪さを隠すことすら出来ない状態です。そのため今回のトレーニングは中止になり、代わりに三人でいろんな話をすることになります。「お互いに分かり合ってチームワークで戦えばいい」という百田らしい考え方です。


9.モノクマと密会する王馬

 ゲームルームで王馬がモノクマと密会し、今後のコロシアイについてある提案をします。王馬が他のコロシアイ参加者と信頼関係にないことはモノクマの目にも明らかで、それ故に提案の内容について全く警戒されません。「自分の本心が誰にも理解されていないからこそ出来る戦い方もある」という王馬らしい考え方です。

 ちなみにモノクマと密会する王馬の内面は、3章での転子に対応しています。以下に3章学級裁判後のやり取りを引用します。

是清 「もちろん、夢野さんでも良かったけど、
    茶柱さんが名乗り出てくれたのは嬉しかったなァ…
    彼女のひたむきな想いは、
    姉さんの友達に相応しい高潔さだったからサ…
    何せ…夢野さんの為に、
    危険を承知で生徒会に潜入するぐらいだもんネ」
ゴン太「えっ? 潜入って…そうだったの?」
最原 「でも…真宮寺くんはどうしてそれを?」
是清 「ククク…それくらいは経験でわかるヨ。
    今まで様々な人間を見てきたからネ。
    そう! 彼女はこの学園に渦巻き出した闇に、
    1人で果敢に立ち向かっていたんだ!
    敬愛する友人の為にサ!
    僕はその姿に感動したんだ!
    素晴らしい! 彼女こそ姉さんの友達に相応しいって!
    ククク…夢野さんが嫌う意味がわからないヨ」
夢野 「………………」

 Cランクの転子の高潔さは、同じCランクかつ人間観察に長けた是清には理解できますが、Dランクのゴン太には理解できません。同様に、Aランクの王馬の内面を、現時点でBランクである最原には理解できないのです。


10.オレの友達になりなよ

 プログラム世界からログアウトする前に、サロンで王馬と二人きりになります。

王馬 「あ、待って…せっかく2人きりになったし、
    1つだけ言っておきたい事があるんだ」
最原 「…な、なんだよ?」
王馬 「キミって使えるよね」
最原 「…は?」
王馬 「だから、バカな百田ちゃんなんかと絡んでないで、
    オレの友達になりなよ。
    オレなら…キミの力になれるはずだよ?
    キミがみんなを救えるように、
    オレが力を貸してあげる。
    ほら、みんなを救いたいんでしょ?」
最原 「………………
    …最原終一」
王馬 「にしし…振られちゃったか。
    でも、そう簡単には諦めないよ。
    オレって…好きな人は、
    首を絞めてでも振り向かせちゃうタイプなんだよね」

 王馬が最原を友達にしたいのなら才能を使ってそう誘導すればいいのですが、これだけグダグダになるということは才能を使わなかったということです。王馬は最原が話を聞ける状況であるかを一切考慮せず、さらに断られても傷つかずに済むように断られても仕方のないような言い回しを用い、おまけに少しでも友達になってもらいやすいように相手にとって一番欲しいものを条件として提示しています。あまりにも怪しすぎて「何か裏があるんじゃないか?」と疑ってしまうのですが、最原にとっての不利益は本当に何もありません。王馬は、最原の本心から「友達になろう」と言ってほしかっただけなのです。また、最後の台詞は「オレって好きな人は、(自分の)首を絞めてでも振り向かせちゃう(注目させちゃう)タイプなんだよね」という意味であり、これは王馬の通信簿イベントに対応しています。

 また、ここでの王馬はこの後の百田との対比になっています。最原が成長したことによって百田が望んでいた“ボスと助手”という関係性が破綻してしまいますが、逆に王馬が望んでいた“対等の友達”という関係性を期待できるようになったのです。王馬が最原を好きなった理由は、決して“使えるから”ではありません。王馬の考えを理解するだけの頭脳と真実に立ち向かう勇気を持ち、なおかつ本来の実力が同格のAランクだからです。ゴン太に「友達になってほしい」と言えば友達になってくれたでしょうが、王馬の望んでいた関係とはとても言えません。全てのコロシアイ参加者の中でたった一人──成長した最原だけが、王馬の対等な友達になり得るのです(相互理解は友人関係の第一歩)。そして、だからこそ、最原に「友達になってほしい」と言うにはこのタイミングしかありませんでした。学級裁判で自分が(間接的な)人殺しだと知られれば、もはや友達になってもらえないでしょうから。ちなみに、現実世界に戻って以降の王馬は、“友達”という言葉を使わず“相棒”に言い換えて話します。


11.みんなから頼られる存在

 事件が起きてもこれまでのような悲壮感はなく、みんなは“超高校級の探偵”である最原がこれまでどおり何とかしてくれるはずだと信頼し切っています。これは斬美の“超高校級のメイド”としての評価に対応していて、4章では最原がBランクに成長していることを表しています。ただ、最原が斬美と違うのは、百田が「一人で背負いすぎるな」と、春川が「自分を見失うな」と心配してくれることです。仲間との信頼関係が、才能に吞み込まれることを防いでくれています。


12.入間美兎

入間美兎

 下ネタと暴言の“超高校級の発明家”。普段の強気な態度とは裏腹に相手から責められると途端に弱腰になる等、メンタルは強くありません。入間は同じDランクのゴン太と対になっており、品格が最低である反面、自己評価が最高です。そして、その自己評価どおりに才能の有用性はトップクラスに位置します。改造カメラやドローン、キーボの各種機能はもちろん、王馬の注文で作られた、エレクトハンマー、エレクトボム、エグイサルのリモコン、虫吸引機は、コロシアイを終わらせるためにどれもなくてはならないものでした。

 また、入間の一番強い想いは「外のみんなの役に立ちたい」です。ただし、そのために「万が一にも死ぬわけにはいかない」とも思っており、そんなジレンマを解消するためにプログラム世界を作り上げます。このフィクションを超える想いで作られた世界は、白銀にはシミュレートできません。そのため、全員がプログラム世界に入ろうとする中、白銀は珍しくも一人難色を示しています。


13.学級裁判での百田 その3

 4章の学級裁判はクロがDランクのゴン太(と入間)なので、Bランクに成長した最原にとって事件を解決することはそれほど難しくありません。そこでゴン太に肩入れするのが、Aランクの王馬と百田です。王馬はゴン太に遺体の運搬と殺害現場からの脱出に知恵を貸し、百田はゴン太を全力で擁護します。この流れはもちろん王馬の計画の内ですが、シナリオ上における4章学級裁判での百田の役割が“最原と意見を対立させること”だからということもあります。Aランクである百田との本気の意見対立を乗り越え、さらに最後まで残酷な真実から目を背けないことによって、最原は本来の実力であるAランクへと成長できるのです。


14.百田VS王馬VS最原

 1章学級裁判では最原。2章学級裁判では百田。3章学級裁判では王馬。これまでは三人のポイントゲッターが順番に活躍して来ましたが、4章学級裁判はその三人による殴り合いです。王馬は計画のための嘘をつき、百田は自分の信じる仲間をかばい、最原は残酷な真実を暴きます。ただし、最原は自分の命をかけるところまでいかず、百田は自分の命はかけられても仲間の命までかけるわけにいかず、王馬はすでに仲間二人の命と自分の立場を犠牲にしていました。さらにこの首謀者を装うための計画は大局観に優れる王馬が以前から準備してきたもので、百田と最原への対策は万全です。勝敗の行方は学級裁判が始まる前から明らかでした。かくして4章学級裁判は王馬の狙いどおりの結末で幕を降ろします。


15.獄原ゴン太

獄原ゴン太

 紳士で野生児な“超高校級の昆虫博士”。ゴン太は同じDランクの入間と対になっており、自己評価が最低である反面、品格が最高です。誰よりもみんなのためを思い、それ故に4章ではクロにならざるを得ませんでした。ゴン太は入間を殺したクロではありましたが、同時に“外の世界の真実”に殺された被害者であったとも言えます。そして、その死は赤松の言うところの「何が嘘で何が真実かわからないままだと、何かを選ぶ事もできないし…、きっと、自分が選んだ事すらわからないままだと思う」を体現しています。ゴン太は、みんなのためを思うのならなおのこと、これも赤松の言うとおりに「怖くても真実と戦わなくてはダメ」だったのです。また、本人はみんなの役に立っていないと思っていたようですが、ゴン太にしかできない重要な証言や発見でみんなの役に立ってくれました。

 また、ゴン太の一番強い想いは「みんなの役に立ちたい」です。誰よりもみんなのことを考えながら、具体的にどうしていいかまでは分からない。そんな風に思い悩むゴン太を王馬が自らの目的のために利用します。「入間殺しのクロになることでコロシアイを勝ち抜き、みんなを殺すことで絶望的な“外の世界の真実”から守ろう」とそそのかしたのです。かくして、ゴン太はフィクションを超える想いでみんなを助けるために、入間殺しのクロになってしまうのでした。


16.学級裁判での王馬 その3

 王馬はここまで「ゲームを楽しむ」と言い続けてみんなからの信用を下げ続け、モノクマとの良好な関係を見せることでみんなの疑念を煽り、ゴン太による入間の殺害を裏で操りながらおしおきを受けないという他のコロシアイ参加者の上位存在にあるとの認識を植え付け、学級裁判後の露悪的な演説でみんなの敵意を一身に集めました。そして、これら全てはコロシアイを終わらせるための計画だったのです。王馬が首謀者を装うことで残りのコロシアイ参加者を団結させ、外に出たいという気持ちをゴン太の反応で挫けさせ、他のコロシアイ参加者の危機感を煽りながらも自らは何もしないことで状況の停滞を図ります。そして、これが運営の“作り話”に王馬がより強い“作り話”をぶつけた形になり、運営の用意していた“見世物”としての進行が止まり、“これを見ている人”の不満が高まる前に真の首謀者は手を打たなくてはならなくなります。王馬はこれまでクロをあぶり出す手法を好んでいましたが、これは首謀者をあぶり出す手法なのです。

 もっとも、首謀者をあぶり出す前に他のコロシアイ参加者に自分が倒されてしまっては意味がありません。そこで、あらかじめ未来の脅威を排除しておく必要があります。学級裁判後の王馬以外のコロシアイ参加者は、Aランクの百田、Bランク(成長途上)の最原、Cランク(偽装)の白銀、Eランクの春川・夢野・キーボの6人。Aランクの王馬にとっての脅威は、Aランクの百田とBランクの最原のコンビです。百田のリーダーシップと最原の頭脳が組み合わされば、さすがの王馬にも対応し切れません。そこで学級裁判で二人の関係を破綻させることにしました。百田は才能を駆使した結果として相手を信じるのに対して、最原は相手を信じるからこそ才能を駆使します。そして、Bランクに成長した最原は、百田の感情論を跳ね返して残酷な真実を明らかにする心の強さを持ちます。最原の成長を応援していた百田にとって皮肉な話ではありますが、最原が成長したことによって百田との方向性の違いが無視できないほど明確になってしまったのです。だから、百田が信じる仲間をクロに仕立て上げて、あとは学級裁判で最原を上げて百田を落とせば、二人のボスと助手という関係は簡単に破綻します。

 そして、もちろん首謀者をあぶり出す前に自分の計画が暴かれても意味がありません。そこで王馬は最原に事件の動機を推理をさせないようにしました。学級裁判で屋上へ行ったことを頑なに認めないことで最原が「サロンに王馬はいなかった」と嘘をつくよう誘導し、王馬はその仕返しとばかりに自分でクロの正体やトリックといった真実のほぼ全てを明らかにします。入間に殺意があったことやモノクマとの取引をしたこと、ゴン太を騙したこと、事件の全容について。ただし、“コロシアイを終わらせるために間接的な殺人を企てた”という真実だけを嘘で塗り潰して。このように証言や証拠もなく大量の真実を一気に浴びせかけられれば、さすがの最原も推理や謎解きのしようがありません。大量の嘘で真実を覆い隠すのではなく、大量の真実で嘘を覆い隠すという完璧な最原対策です。ちなみに、Aランクである王馬の「真実で嘘を覆い隠す」というこの手法は、Bランクである最原の「信用で嘘を覆い隠す」という直前の手法に対応しています。

 最原は王馬に誘導されていることに何度も勘付きながら、その狙いまでは見通すことができません。


17.プログラム世界

 4章で重要になるのは運営の用意した動機である“謎のカードキー”ではなく、コロシアイ参加者がフィクションを超える想いで作り上げた動機である“プログラム世界”の方です。さらに言えば、学級裁判後に登場する“アルターエゴ”が最も重要になります。何故なら、才囚学園は身体能力に制限のないコロシアイシミュレーターで、最原たちは改造アルターエゴだからです。ここら辺は作品の根幹に関わる話になるので、エピローグの考察で述べたいと思います。



ニューダンガンロンパV3 1章 『 私と僕の学級裁判 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 2章 『 限りなく地獄に近い天国 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 3章 『 転校生オブザデッド 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 4章 『 気だるき異世界を生かせ生きるだけ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 5章 『 愛も青春もない旅立ち 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 6章 『 さよならダンガンロンパ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 終章 『 みんなのコロシアイ修了式 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 全章 『 ダンガンロンパ 』 の考察


PR
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ゆ~き
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/21)
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ファミコン琉拳 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]