忍者ブログ
NINJA
[101] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [97] [100] [96] [95]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





※新ブログに移行しました。
 広告等の別ページに跳ばされる方はこちらへどうぞ。

ニューダンガンロンパV3 2章『 限りなく地獄に近い天国 』 の考察


2章開幕から学級裁判後までの考察。


※ネタバレ注意!!


ニューダンガンロンパV3 1章 『 私と僕の学級裁判 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 2章 『 限りなく地獄に近い天国 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 3章 『 転校生オブザデッド 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 4章 『 気だるき異世界を生かせ生きるだけ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 5章 『 愛も青春もない旅立ち 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 6章 『 さよならダンガンロンパ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 終章 『 みんなのコロシアイ修了式 』 の考察

+ + + + + + + + + +
第2章 限りなく地獄に近い天国


1.1章を終えて


2章のランク表


 残り14人。1章でSランクの赤松と天海が退場しました。過去作で言うなら、苗木や日向がいきなり退場したようなものです。白銀が江ノ島ほど強くないのでバッドエンドが確定したわけではありませんが、それでも相当苦しくなったことには違いありません。ここから先はAランクの百田と王馬、そして1章を終えてDランクに成長した最原の力量にかかっています。


2.百田解斗


百田解斗


 力強いリーダーシップと卓越した直観を持つ“超高校級の宇宙飛行士”。最原をEランクたらしめる原因である“真実を暴くのが怖い”という過去のトラウマを克服するきっかけを作ってくれたのが赤松なら、最原を本来の実力であるAランクまで引っ張り上げてくれるのが百田です。周りからは散々馬鹿扱いされますが、いくつかの決断は信頼を優先した結果としてあらかじめ失敗を織り込んでいるので正しくは懐が広いと言うべきでしょう。Eランクの最原と春川に早い段階から救いの手を差し伸べるあたり、本当に見る目があると感心します。また、誰でも信じるわけでなく、信じる相手を正しく選んでいるところが百田の優秀さを証明しています。1章で作戦会議に誘ったのも、学級裁判でかばうのも、見事に悪意のないキャラクターしかいません。2章冒頭の食堂イベントでは最原が帽子を被っていないことに全く気付いていませんでしたが、それは普段から相手の外見でなく本質を見ているからです。百田のそうした本質を見抜く才能は、作中で幾度となく発揮されることになります。

 また、百田の一番強い想いは「コロシアイを終わらせたい」です。赤松と同じ想いを持つという意味でも、進むべき方向が正しく分かっているという意味でも、赤松と天海のいない現状において百田ほどリーダーに相応しい人材はいません。


3.王馬小吉


王馬小吉


 優れた大局観と多彩な嘘で周囲を翻弄する“超高校級の総統”。1の十神と2の狛枝に続く、本作のトリックスター枠になります。嘘をついて周囲をからかう姿はまさに構って欲しい子供そのもの。一方で喜怒哀楽の激しい態度や何気ないように見える言動すら目的のために計算づくで実行しているという怜悧な策謀家の一面もあります。コロシアイを楽しむ姿勢を見せたり、団結を拒んで単独行動をとることが多いなど、つかみどころのないキャラクターとして本作の中でも特別な立ち位置にいます。もっとも、無闇に悪意を振り撒くキャラクターというわけでもありません。2章冒頭の食堂イベントでは最原が帽子を被っていないことを率先していじりますが、あれは言いにくいことを一番先に言ってしまうことでみんなが最原に優しい言葉をかけやすいよう場を誘導していたのです。王馬のそうした状況をコントロールする才能は、作中で幾度となく発揮されることになります。

 また、王馬の一番強い想いは不明です。作中において王馬の想いが直接的に明かされるような描写は一切ありません。プレイヤーそれぞれの推理と想像に委ねられています。


4.王馬の洞察力

 食堂で王馬がゴン太を組織に勧誘します。王馬は勧誘するメンバーを人柄や相性で厳選しており、超高校級揃いのコロシアイ参加者の中でも赤松と最原とゴン太の三人しか誘いません。Sランクの赤松への勧誘の言葉は「オレと組もうよ」で、Aランクの最原へは「友達(相棒)になりなよ」、Dランクのゴン太へは「手下になってよ」です。ここから王馬の洞察力の確かさが伺えます。そして、洞察力が確かであればこそ、今の段階での最原の評価には困惑したはずです。1章での最原は、図書室の隠し扉に気付き、首謀者の存在を推理し、監視カメラの罠を張り、学級裁判では首謀者を見極めようとしたり、赤松の真実を暴いたりと、Eランクとは思えない八面六臂の大活躍でした。そして、こうした実力と実績のギャップとこれ以降の急激な成長速度が、自室のホワイトボードに書き記した「油断ならない?」というコメントに繋がっているのでしょう。そして、王馬は最原が信用に足る相手かをこれから時間をかけて見極めようとします。


5.思い出しライト その1

 思い出しライトによって、“超高校級狩り”に追われていた記憶が思い出されます。もっとも、名称こそ“思い出し”ですが、実際には“記憶の植え付け”あるいは“記憶の上書き”と言うべき効果です。実際に起こったことを思い出すわけでないのだから“、思い出しライトで思い出した記憶を元に状況を分析しても間違った推測にしかなりません。思い出しライトによる記憶は全て“運営が用意した嘘”なので、バラバラに考えず一連のストーリーとしてひとまとめにして頭の中のゴミ箱にぶち込みましょう。ただ、謎の装置に繋がれて「僕は、生きたくなんてない。みんなと一緒に死にたいです」と語る最原の記憶は、6章冒頭のまことくんの独白と同じく“バイアスのかかった事実”なので、“運営が用意した嘘”とは別扱いにして判断を保留しましょう。

 ちなみに、ここでは百田がリーダーシップの強さを発揮し、その後は星が分析力の高さを、斬美が着眼点の良さを見せます。また、「みんな適度にバラバラであった方がいい」という王馬の意見が質の悪い冗談だと流されてしまいますが、モノクマの干渉を極力減らすために団結していないと思わせるという戦略には一考の余地があります。


6.日課のトレーニング その1

 百田から日課のトレーニングに誘われます。百田は論理的な思考をすっ飛ばして正しい結論を導き出す才能の持ち主なので、百田のトレーニングに付き合うのが最原にとっての正解だということです。そして、自分の殻を破ろうとする最原は、Eランクだった1章に比べて確実に成長しています。また、今回のトレーニングではまだ百田が万全な状態であったことも重要なポイントです。これから先は百田の健康状態が悪化していき、それに伴って百田への依存度も低下していきます。


7.昆虫でなごもう会

 本気のゴン太に捕まらなかったのは、Aランクの百田とBランクの斬美と星、エロエロな手段でゴン太の弱点を突いたDランクの入間、“超高校級の暗殺者”の研究教室の前で殺気を振り撒いているEランクの春川の五人です(春川はおそらく誘ってすらいない)。それ以外のゴン太に捕まったコロシアイ参加者(黒幕である白銀と視聴者の目であるキーボを含む)は、生命力の強いタイプの昆虫の大群と二時間たっぷり触れ合うことになります。

 キーボの録音機能によって動機ビデオの上映会は始める前に終わってしまいましたが、そもそも王馬は何故このようなリスキーな企画を立てたのかという疑問が残ります。王馬には元々自分の動機ビデオが配られており、自分の動機ビデオを探す必要性がありません。そして、すでに自分の動機ビデオを見たことで、その危険性も十分に認識していたはずです(実際に斬美も動機ビデオの交換を怖れている)。もちろん全員分の動機ビデオの内容を確認するという狙いもあったでしょうが、学級裁判後に明らかになるように“超高校級の昆虫博士”の研究教室に戻る前に一人で全員分の動機ビデオの確認を終えています。“超高校級の昆虫博士”の研究教室に戻れば、すぐに上映会を始めるはずだったにも関わらずです。おそらく王馬の真の狙いは、“自分の動機ビデオを上映すること”にあったのでしょう。王馬は生来の臆病さから本当の自分をさらけ出すことができず、さらに筋金入りの嘘つきであることからみんなからの信用もありません。そして、それならば、他の信用のある誰かに自分のことをさらけ出してもらえばいいと考えたのです。モノクマは動機については嘘をつかないので、モノクマへの悪感情はともかく動機ビデオの内容は信用できます。おそらく王馬は自分の動機ビデオを一番に上映し、あとは動機ビデオの危険性を再認識させるなどして上映会が中止になるよう誘導するつもりだったのでしょう。これなら嘘をつきながら自分の真実を伝えることができるからです。

 ちなみに、王馬のこの『回りくどいコミュニケーション』は、百田の『真っ直ぐなコミュニケーション』との対比になっています。また、百田の『健康状態』は王馬の『計画』に対応しており、シナリオが進むほど百田の健康状態が悪化していくのと同じように、シナリオが進むほど王馬の計画が進行していきます。


8.星竜馬


星竜馬


 星は基本的に誰とも距離を置きながらも、悩んでいる相手にはアドバイスを惜しまないクールなキャラクターです。同じBランクの斬美とは対になっており、理想の父親像を体現していて、才能を発揮できないことに空虚感を感じ、外の世界に戻る動機が一切なく、それ故に生への執着がありません。星が非常に優秀でありながらもBランクに留まっているのは、生きる気力がないからです。モノクマのタイムリミット宣告への対策も具体的ではありましたが、詰まるところ問題の先延ばしでしかありませんでした。例えどれだけ優秀であってもコロシアイを終わらせることに能力と才能が向けられられない限り、首謀者にとっては何ら脅威になり得ません。百田から「生きる気力のねーゾンビ野郎」と言われますが、相手の本質を見抜く百田には実際にそう見えていたのでしょう。ちなみにこの星への対応は、最原が帽子を脱いだ時のものとの対比になっています。中身の変わらない最原の外見の変化には鈍感でも、外見の変わらない星の中身の変化には敏感になってしまうのです。

 また、星の一番強い想いは「生きる理由が欲しい」です。食堂で百田に図星を突かれたことをきっかけにみんなと共に戦う決意をし、そのための生きる理由を動機ビデオに求めます。そして、フィクションを越えた想いで“超高校級の暗殺者”に動機ビデオの交換を持ち掛け、その結果として「大切なものがない」という動機ビデオの内容に完全に絶望してしまうのでした。


9.王馬の誘導

 王馬が「星の動機ビデオを持っているのは春川だ」と教えた理由は、“超高校級の保育士”を自称する春川が自分の本当の才能を知られた場合の反応を知りたかったからであり、同時に星が13人中最も暗殺されにくい才能の持ち主だったからです。背後からの殺気にも気付き、攻撃されても縮地で逃げ切れる。そんな星ならば例え春川に命を狙われても殺されはしないだろうというのが王馬の評価でした。王馬の計算違いは、春川が星の「動機ビデオを交換してほしい」という交渉にあっさり応じたことです。春川は動機ビデオを観ていなかったため、自分の動機ビデオで才能がアナウンスされていることを知らなかったのです。これにより星は自分の動機ビデオを観ることになり生きることを諦めてしまいます。さらにその結果として斬美に命を譲ってしまうのですが、そうと知らない王馬は春川をクロとして疑ってしまいます。そして、クロの正体を見誤ったまま、学級裁判で春川に発言せざるを得ない状況を作り上げようとするのでした。ちなみに百田が星に動機ビデオを観る気にさせ、王馬が星に動機ビデオの在処を教えたという意味で、二人は対応関係にあります。


10.学級裁判での王馬 その1

 学級裁判の序盤でマジックのタネを話したくない夢野を王馬がフォローします。夢野のつく夢を守るための嘘を尊重しての配慮です。春川への対応とは対照的に、夢野を誘導してマジックのタネを話さざるを得ない状況を作ろうとはしません。


11.学級裁判での百田 その1

 2章のクロはBランクの斬美ということもあってトリックや誘導のレベルが非常に高く、Dランクの最原だけでは事件を解決できません。そこで活躍するのが、Aランクの百田と王馬です。百田は相手の本質を見抜いて悪意のない相手をかばいます。王馬は嘘をついて場を誘導します。特に今回の学級裁判では、百田の活躍なしに事件の解決はあり得ませんでした。間違った方向に進んだ推理を強引に仕切り直し、黙っているつもりだった春川から重要な証言を引き出し、真実に立ち向かうことに躊躇する最原の背中を押し、斬美の言う“みんなのため”が自分たちを指していないことに勘付きます。


12.東条斬美


東条斬美


 斬美はこんにゃくを切ることと国家滅亡以外ならどんな依頼であれ完遂できる優秀さで、これまで作家や政治家等、様々な主人に仕え成功へと導いてきた万能メイドです。同じBランクの星とは対になっており、理想の母親像を体現していて、才能を発揮できることに充実感を感じ、外の世界に戻る動機が一番大きく、それ故に生への執着を強く持ちます。斬美が非常に優秀でありながらもBランクに留まっているのは、自分(春川の言う“無駄なもの”)を持っていないからです。モノクマのタイムリミット宣告を受けても「自分はメイドである」という姿勢を崩さないのは立派ですが、そのメイドとしての矜持はコロシアイを終わらせることに一切つながりません。また、2章では完全犯罪まであと一歩のところまで行きましたが、アクシデントにより残された二つの手掛かりからクロであることが露見することとなりました。ちなみにこれは斬美が不運だったというよりは、Bランク以下に完全犯罪は不可能だと決まっているからです。そして、Aランクには優秀でさえあればなれるものではありません。Aランクになる資格とは、コロシアイに乗せられることなく命がけで首謀者に立ち向かうことです。本当に戦うべき敵を見失わない者にだけ、Aランクの扉は開かれるのです。

 また、斬美の一番強い想いは「生きる理由を全うしたい」です。動機ビデオで自分の本当の主人について知った時には、一刻も早くここから出なければという強い焦燥感に駆られたに違いありません。そして、フィクションを越えた想いで星に命を譲ってくれるよう交渉し、裁判決着後も諦めずにおしおきから逃亡を図ります。しかし、全てはモノクマの掌の上。もう少しで脱出できるという希望を抱かせられたことによって、逆に深い絶望の底へと落ちていってしまうのでした。


13.“超高校級の暗殺者”の脅威 その1

 王馬の読みは外れ、春川はクロではありませんでした。しかし、それでも“超高校級の暗殺者”の脅威が去ったわけではありません。そこで王馬は寄宿舎へ戻る前にみんなの前で春川の本当の才能を明かし、春川への注意を喚起すると共に春川のヘイトを自分に向けるのでした。


14.白銀のシミュレーション その2

 2章における白銀のシミュレーションは、昆虫でなごもう会を除けば概ね未来を予測できていました。星と斬美についてはフィクションを越えた想いがあったものの、どちらもフィクションの行動それ自体に変化を与えなかったのです。それでも、星と斬美の見せた覚悟と絶望は紛れもなく本物であり、コロシアイ参加者のフィクションを越えた想いがフィクションに影響を与えたことを表わしています。


15.動機ビデオ

 モノクマーズにより配られた動機ビデオの正体は、当人にしか効果のない思い出しライトです。コロシアイをする強烈な動機が与えられるのだから、絶対に見るべきではありません。百田が思い出しライトの使用に前向きでも動機ビデオの確認に反対だったのは、本質を見抜く才能によってその危険性を確信していたからです。「みんなと一緒に頑張る動機を得るために動機ビデオを見たい」という星の考えは尊いのですが、例え動機ビデオに星の大切な人が映っていたとしてもいい結果にはつながらなかったように思います。動機ビデオの効果に抗えられるのは、王馬の場合ような例外中の例外だけだからです。


ニューダンガンロンパV3 1章 『 私と僕の学級裁判 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 2章 『 限りなく地獄に近い天国 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 3章 『 転校生オブザデッド 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 4章 『 気だるき異世界を生かせ生きるだけ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 5章 『 愛も青春もない旅立ち 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 6章 『 さよならダンガンロンパ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 終章 『 みんなのコロシアイ修了式 』 の考察


PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ゆ~き
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/21)
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ファミコン琉拳 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]