忍者ブログ
NINJA
[108] [107] [106] [105] [104] [103] [97] [100] [96] [95] [86]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



PS4、PS Vita
2017年1月12日発売
スパイク・チュンソフト
★★★★★

※新ブログに移行しました。
 広告等の別ページに跳ばされる方はこちらへどうぞ。

ニューダンガンロンパV3 1章 『 私と僕の学級裁判 』 の考察


1章開幕から学級裁判後までの考察。


※ネタバレ注意!!


ニューダンガンロンパV3 1章 『 私と僕の学級裁判 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 2章 『 限りなく地獄に近い天国 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 3章 『 転校生オブザデッド 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 4章 『 気だるき異世界を生かせ生きるだけ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 5章 『 愛も青春もない旅立ち 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 6章 『 さよならダンガンロンパ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 終章 『 みんなのコロシアイ修了式 』 の考察

+ + + + + + + + + +
第1章 私と僕の学級裁判


1.キャラクターのランク分け


コロシアイ参加者


白銀 「あなたのオーディションテープを見た時に、
    ふと閃いたんだよね。
    誰よりも弱い“超高校級の探偵”…
    それが成長していくのもなかなか面白いかもって」

 いきなり6章から引用しますが、この白銀の台詞には無視できないものを感じます。白銀の言うことが本当なら、キャラクターの評価基準に“強さ”があり、最原が最弱から段階的に強くなっていくはずだからです。そこで1章からシナリオを振り返るにあたって、自分なりにキャラクターの強さをランク分けしてみました。一口に“強さ”と言っても様々な種類がありますが、コロシアイや学級裁判で試されるような未知の困難に立ち向かう勇気や判断力を想定しています。


1章のランク表


 Sランクは主人公レベル。正攻法でコロシアイを終わらせられる圧倒的実力があります。Aランクは超優秀レベル。ラスボスから一目置かれるほどの実力があります。僕の評価では白銀はこの位置です。Bランクは優秀レベル。能力が高くて、どんな場面でも頼れる存在です。ただし、ラスボスには普通に力負けしてしまいます。Cランクは標準レベル。特に欠点もなく安定しています。Dランクは弱小レベル。優秀さよりも欠点が目立ちます。Eランクは最弱レベル。心に致命的な弱さを抱えています。最原は真実を暴くことを怖れており、春川は周囲に壁を作り、夢野は楽な方に流れ、キーボにはそもそも心がありません。なお、最原の成長限界は、SランクでなくAランクだと評価しています。

 シナリオの構造を透かして見たような、非常に面白い結果となりました。同じ章のクロと被害者が実力的に同格かつ行動や設定にコントラストがあり、5章で退場するAランクの二人を例外として1章から強い順に退場しています。これはもちろん、シナリオの進行に併せて段階的に最原の成長を演出するためです。そしてAランクの百田と王馬が5章退場という例外となるのは、百田には“最原たちを成長させる”という、王馬には“首謀者とモノクマを勝負できる位置まで引き摺り下ろす”という、それぞれ重要な役割があるからです。本作ではキャラクターの力関係が影響する場面が多いこともあり、このランク分けを元にシナリオの読解を進めていきます。


2.フィクションの完全再現


シミュレーション


 プロローグで二度目に目覚めた後、龍の像の前に行くと白銀が考え事をしています。赤松がちょっかいをかけることでようやく考え事をやめますが、実は今まさに首謀者として“超高校級のコスプレイヤー”の才能を駆使していたところだったのです。“超高校級のコスプレイヤー”の才能──それはフィクションを完全再現すること。白銀はフィクションの存在である赤松たちの行動を頭の中で完璧にシミュレートできます。つまり、ここから先のフィクションによる行動の全てが、白銀の想定どおりに進んでいくということです。


3.絶望のデスロード その1


絶望のデスロード


 赤松のリーダーシップにより絶望のデスロードへの挑戦を繰り返します。赤松の持つ“超高校級のピアニスト”の才能は、通信簿イベントで星の言うとおり「ピアノの旋律のように、言葉と声で人の心を揺さぶる」能力です。赤松が「脱出を諦めない」と言い続ける限りは誰もが諦めたくても諦められない状態で、王馬が赤松にみんなに諦めないことを押し付けないよう誘導するまで挑戦が繰り返されます。

 なお、絶望のデスロードでは、各キャラクターの理不尽への耐性を見ることができます。下表において、青色で色分けしたのが心が折れたキャラクターです。


絶望のデスロードで心の折れた者


 王馬はみんなが完全にバラバラになる前に手を打ったと言えますし、白銀は首謀者である正体を隠すために本来Aランクである実力をCランクに偽装しており、実際に心が折れたキャラクターは下位グループに集中しています。転子とゴン太は頭脳派でない代わりに体力と精神力が優れているため、最原は本来の実力がEランクでないため、下位グループでありながら前向きさを失っていません。

 また、絶望のデスロードの直後に百田が事態の本質を指摘することで赤松を直接的にフォローし、翌日の食堂では王馬が周囲の状況をコントロールすることで赤松を間接的にフォローします。さらに、その後の寄宿舎では最原が推理力と注意力を発揮して赤松の心に寄り添います。百田と王馬と最原が、それぞれの才能によって存在感を示す場面です。


4.モノクマのタイムリミット宣告


モノクマのタイムリミット宣告


 モノクマは動機に関して嘘はつかないので、タイムリミットまでにコロシアイが起きなければモノクマ自身は実際に皆殺しにするつもりだったのでしょう。ただし、白銀がマザーモノクマに「産め」と言わなければモノクマを大量生産できないので、この件に関する最終決定権は白銀が握っています。したがって、このモノクマのタイムリミット宣告は白銀の指示と見て間違いありません。


5.百田の作戦会議


百田の作戦会議


 作戦会議のためにゲームルームへと向かう七人(百田、天海、アンジー、転子、ゴン太、春川、夢野)。百田の人選だけあって、コロシアイに乗らないメンバーが揃っています。赤松と最原の二人は独自に動いていることを知っているので除外。食堂組の四人(白銀、斬美、是清、入間)は自分の目的のためならコロシアイに乗ってしまうので除外。寄宿舎組の三人(王馬、星、キーボ)は誘っても来ないので除外。王馬はコロシアイを終わらせる作戦を独自に考え中で、星は「余計なことをするな」という天海の言葉を律儀に守っており、キーボは内なる声に従っているのでしょう。ちなみに、ここもAランクの百田と王馬の対比になっています。百田にはコミュニケーション力があっても作戦立案力がなく、王馬には作戦立案力があってもコミュニケーション力がありません。1章で赤松と天海のSランクの二人が退場した後は、この対照的な二人のAランクによって物語が主導されます。


6.二人の想い


キミがいてくれたから


 「真実を明らかにすることが怖い」と告白する最原の手に、赤松が自分の手をそっと重ねます。赤松が最原に勇気を与えているだけでなく、最原もまた赤松に勇気を与えていることが示される場面です。そして、この二人によるフィクションを越えた心の交流こそが、フィクションのコロシアイを終わらせるための最初の楔となるのです。


7.白銀のシミュレーション その1


初回特典


 天海の死体発見後に赤松が初回特典を使わなかったことは、白銀にとって想定外の事態でした(※1)。だから、白銀はここで改めてシミュレーションを行なっています。これから先、赤松にキモいブツブツを見せるのも、アリバイで嘘をつかないのも、クロが最原に決まりかけても動かないのも、それらが白銀にとっての最善手だからなのです。


8.白銀のコスプレ


白銀のコスプレ


 6章をプレイすると「私がコスプレするのはフィクションの存在だけだよ。リアルはやらない…て言うか無理」というここでの白銀の発言の真偽が気になるところですが、嘘でないと見て間違いありません。何故なら2章学級裁判でAランクにして嘘のエキスパートである王馬が「極限状態でこそ、その人の本性が明らかになる(意訳)」と発言しており、本作のルールとして死を目前にした最後の発言に嘘はないことになっているからです。白銀のおしおき直前における最後の発言は、「最後の最後に計画が失敗するっていう結末まで、しっかり模倣できたんだから、模倣犯(コスプレイヤー)としては胸を張っていいはずだよね?」です。死を目前にしてすらコスプレイヤーとしてのプライドを大事にする白銀にコスプレ関連の嘘はないと考えて間違いなく、苗木たちにはコスプレできて赤松のコスプレはできない何らかの理由があることになります。1・2とV3は同じダンガンロンパなのにどういった違いがあるのか。白銀にとって赤松たちはリアルだと証明されているのに6章ではどうしてフィクションの存在だと呼ぶのか。その謎の答えはエピローグの考察で触れたいと思います。ひとまず、白銀は赤松たちのフィクションを越えた想いをシミュレートできないとだけ覚えておいてください。


9.真実に立ち向かうために


戦わないとダメだよ、真実と


 裁判場へと向かうエレベーターの中で、赤松が最原に声をかけます。

赤松 「あのさ、最原くん。
    さっきの話の続きなんだけどさ…」
最原 「…え?」
赤松 「真実を知るのが怖い気持ちって…
    きっと誰にでもあると思う。
    でも、真実を見つけた人だけが、
    その先の運命を選ぶ事ができるんだよ。
    何が嘘で何が真実かわからないままだと、
    何かを選ぶ事もできないし…
    きっと、自分が選んだ事すらわからないままだと思う。
    だから…怖くても戦わないとダメだよ、
    真実と。
    キミはそれができる人なんだからさ」
最原 「………………」
赤松 「それでも怖い時は…
    遠慮なく他人の力を借りればいいんじゃないかな?
    自分だけじゃなくて、他の人の為だと思うと、
    もう少しだけ力が湧いてくると思うよ?
    …私もそうだったからね。
    コンクールで吐きそうなほど緊張してる時、
    いつも頭に浮かべていたのは…
    私のピアノを聞いて
    笑顔になってくれた人達の事だからさ」
最原 「赤松さん…」
赤松 「じゃあ、行こうか!
    こういう嫌な事はサクッと終わらせちゃおうよ!」

 ここが本作における最重要イベントです。最原はこの段階で赤松がクロであることを知らず、この発言における赤松の意図をはかりかねます。赤松が伝えたかったのは、「例え逃れられない“絶望”があったとしても、逃げずに立ち向かってその先にある“未来”をつかみ取ってほしい」ということです。これは本作の主人公たる資格を言い表しており、最原のみならずプレイヤーに向けられた言葉でもあります。


10.赤松楓


赤松楓


 1章終盤までの操作キャラクターである赤松楓は、コロシアイを終わらせることに特化した本作最強のキャラクターです。“超高校級のピアニスト”の才能によって相手の心を揺さぶるだけでなく、非常に高い基本スペックを持ちます。コミュニケーション力、洞察力、判断力、発想力、実行力等、天海の言うとおりにコロシアイを勝ち抜く素質に恵まれています。本作を読解するにあたって特に注目すべきなのは洞察力で、主に通信簿イベントで見られる人物評価の確かさは同じSランクの天海と並んでエスパーレベルです。おしおき直前の最原への激励も優しさからだけでなく、最原が本来の実力を発揮できればこのコロシアイを終わらせられると本気で信じていたのでしょう。ただ、ピアノバカが高じて“超高校級のピアニスト”になったように、こうだと決めたらノーブレーキで突っ走ってしまう傾向にあり、その点を天海、百田、王馬、最原の四人から危惧されています。

 もっとも、例え相手が首謀者であっても、同じ条件下での戦いならばSランクの赤松がAランクの白銀に必ず勝つようになっています。これは「Aランクの人物が容姿、頭脳、運動神経の全てにおいて超高校級であっても、Sランクの主人公と対立する限りはただのかませメガネになり下がるしかない」のと全く同じ、“主人公補正”という名の因果律の定めなのです。ただ、本来首謀者に使うべき主人公補正を、赤松は砲丸を天海に当てないために、天海は赤松の砲丸を回避するために発揮してしまいます。そして、その隙をモノクマと才囚学園のサポートを受けることで一時的にSランクとなった白銀に付け込まれることになってしまいました。

 また、赤松の一番強い想いは、「コロシアイを終わらせたい」です。そのために、初回特典を放棄してまで首謀者に立ち向かっています。残念ながら学級裁判で首謀者を特定することはかないませんでしたが、赤松の想いは最原へと託されることになります。苗木並みの行きすぎた前向きさと日向並みの優秀な相談窓口適性を兼ね備え、殺害しようとした相手から返り討ちにあうという舞園並みの悲運を発揮した上に、学級裁判で自分をクロとして指摘させるよう主人公を誘導するという七海並みの優しさを示した赤松は、主人公としてもヒロインとしても集大成すぎるキャラクターでした。

 ちなみに、この冤罪について白銀が運営側としてアンフェアなのは間違いありませんが、ここで赤松と天海をまとめて退場させておかないと白銀が不利になりすぎるので首謀者としては正しい判断をしたと言えます。赤松が生きていれば全員を団結させてコロシアイを終わらせたことでしょうし、天海が生きていればコロシアイにまつわるあらゆる謎を解き明かしたことでしょう。プレイヤーには1章の段階でこの二人の価値を知るべくもないのですが、考察を進めることでここで強引にでも赤松と天海を退場させることが白銀にとってのベストだったのだと理解できるようになります。


11.託される想い


きっと私の想いはなくならない


 裁判決着後、自らの死を受け入れた赤松が、みんなに想いを託します。もちろん“超高校級のピアニスト”の才能は有効であり、みんなの心は赤松の言葉と声によって揺さぶられます。ただし、心がどう揺さぶられたかは同じではありません。それぞれの持つ想いが違うからです。そして、白銀にとって想定外となるこの赤松の想いが、このフィクションのコロシアイを本物のコロシアイとそれに立ち向かう本物の戦いへと変えていってしまうのです。


12.最原の総合力


仲間のために命をかける勇気


 赤松を守るため、百田、ゴン太、転子、最原の四人がエグイサルの前に立ちはだかります。最弱のEランクに位置する最原ですが、決して能力が低いわけではありません。絶望のデスロードに挫けない前向きさと図書室の隠し扉にただ一人気づく注意力、カードリーダーの埃やセンサー式監視カメラを仕掛ける発想力、学級裁判で赤松の真意を明らかにした推理力、そして赤松に貰ったフィクションを越える勇気。能力の総合評価の高さはAランクの百田と王馬に匹敵するほどで、Sランクの赤松ほどではないにしろコロシアイを勝ち抜く素質に恵まれています。最原をEランクたらしめるのは、“真実を暴くのが怖い”という過去のトラウマとそれに伴う経験不足だけなのです。


13.最後に残った想い


おしおき


 赤松の話を強引に遮って始められる無慈悲なおしおき。自らの死を受け入れたはずの赤松が最原へと手を伸ばし、赤松の死を受け入れたはずの最原が赤松へと手を伸ばします。どうにもならないと分かっていてなお、赤松は好きな男の子に助けられたいと願い、最原は好きな女の子を助けたいと願ったのでしょう。しかし、想い合う二人の手は届くことなく、永遠に引き離されてしまいます。


14.天海が少しだけ勘付いていたこと


天海が勘付いてたもの


 6章で“超高校級の生存者”の才能が明らかになり前回のコロシアイとの繋がりを示す天海ですが、もう一つ重要な役割があります。それは6章の謎を解き明かすためのヒントをプレイヤーに与えることです。

斬美  「モノクマ…貴方の目的はなんなの?」
春川  「…私達に恨みでもあるの?
     だとしたら、それってどんな恨み?」
モノクマ「…恨み?
     うぷぷ。それはどうだろうねー。
     それを明らかにするのはオマエラ自身だよ。
     ここで一体何が行われているのか知りたければ、
     オマエラ自身の手で暴くしかないんだよ。
     …ま、死んだ天海クンは
     少しだけ勘付いてたみたいだけどさ」
ゴン太 「…えっ?」
キーボ 「今の言葉はどういう意味ですか?
     死んだ天海クンは、何に勘付いていたんですか?」
モノクマ「うぷぷ。なんだろうねー?」
斬美  「もしかして、彼がゲームを終わらせると言っていたのも、
     図書室の隠し扉を知っていたのも…
     その“何か”に勘付いたからなの?」
モノクマ「うぷぷ。なんだろうねー?」
入間  「おいっ! その“何か”ってのはなんだっ!?
     どこにあるんだよっ!?」
モノクマ「うぷぷ。なんだろうねー?」

 ここは妙な流れです。モノクマは天海が“勘付いてた”という概念の話をしているのに、入間の「どこにあるんだよっ!?」でいきなり物質の話にすり替わっています。これは明らかにシナリオライターが生存者特典のモノパッドへのミスリードを誘ったものです。同様に斬美の台詞も天海が“超高校級の生存者”の才能を発揮したというミスリードを誘っています。天海が図書室へ向かったのは確かに生存者特典によるものですが、それはそこにあった過去の自分からのヒントを参考にしたからであって何かに勘付いたからではありません。

 天海が実際に何かに勘付いていたのなら、重要なのはその何かが“どこ”にあるかよりも“どのように”勘付いたかです。そもそも1章という限定された時間と空間で、天海だけが何かに勘付くというのは考えにくいものがあります。1章の段階で通常の行動範囲に特別な何かがあったとすれば、天海と同格の能力を持つ赤松と“超高校級の探偵”の才能を持つ最原のコンビが最初に勘付くはずなのです。そうでないのだから、赤松・最原コンビにないアドバンテージによって天海が勘付いたとしか考えられません。通信簿イベントで見せる赤松のエスパーレベルの洞察力を信じるならば、天海の才能は“超高校級の探偵”よりもずっと推理力が高いが故に念入りに消されていたことになります。“超高校級の???”で隠して、“超高校級の生存者”でさらに隠した天海本来の才能──“超高校級の冒険家”。おそらく天海は前回のコロシアイで、首謀者でなく、才囚学園でなく、この世界に謎があることに勘付いたのでしょう。そして、仲間にコロシアイ卒業の椅子を譲るためだけでなく、次のコロシアイで世界の謎を解き明かすために自ら二度目のコロシアイを望んだ。残念ながら天海は1章で退場してしまいましたが、その無念はプレイヤーが晴らすことになります。


15.キミと僕の約束


うん、約束だよ


 モノクマが去った後の、百田の最原への対応は完璧です。この学級裁判は、白銀にすら想定外の、フィクションを越えた想いを交わし合った赤松と最原だけのものでした。したがって、重要なのは赤松の想いを託された最原が今後どうするかです。また、最原の挫けそうな心は赤松によってのみ慰められなければなりません。最原は百田の言うとおりに“超高校級のピアニスト”の研究教室へと向かい、記憶の中の赤松に向き合います。『月の光』の美しい音の調べに乗せて思い出される赤松の言葉と声。変わらない赤松の優しい励ましに、最原の答えだけが変わっていました。フィクションを越えた二人だけの学級裁判が、最原にさらなる勇気を与えていたのです。

最原 「………………
    うん…やってみるよ…
    できるかわからないけど…やってみる
    いや…やるよ…!
    僕は…僕を信じる…
    もう…目を逸らさない。
    僕はみんなの為に…真実に立ち向かう。
    みんなと一緒に出たいって言ったキミの想いを、
    僕は絶対に諦めない…!
    約束…するよ。
    キミと…僕の約束だよ」

 最原のフィクションを越えた想いもまた『月の光』を奏でるピアニストに届きます。記憶の中の彼女は、やはり最原を信じ、託し、そして別れの言葉を告げるのでした。





※1:えりおさんの考察ニューダンガンロンパV3 1章 『 私と僕の学級裁判 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 2章 『 限りなく地獄に近い天国 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 3章 『 転校生オブザデッド 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 4章 『 気だるき異世界を生かせ生きるだけ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 5章 『 愛も青春もない旅立ち 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 6章 『 さよならダンガンロンパ 』 の考察
ニューダンガンロンパV3 終章 『 みんなのコロシアイ修了式 』 の考察
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ゆ~き
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/21)
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ファミコン琉拳 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]